スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ考察:魔導について⑦ ABYRでの新規カード入りジュノンビート素案①

とりあえず1日考えて出来た素案その1です

モンスター(17枚)
魔導法士 ジュノン×3枚
魔導召喚士 テンペル×3枚
魔導書士 バテル×3枚
魔導術師 ラパンデ×2枚
魔導教師 システィ
トラゴエディア×2枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(17枚)
魔導書院 ラメイソン×3枚
大嵐
死者蘇生
月の書
ワンダー・ワンド×3枚
ヒュグロの魔導書
ネクロの魔導書
トーラの魔導書×2枚
グリモの魔導書×3枚
アルマの魔導書

罠(6枚)
激流葬×2枚
強制脱出装置×2枚
サンダー・ブレイク×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.11 ビッグ・アイ
No.61 ヴォルカザウルス
アーカナイト・マジシャン
ジェムナイト・パール
スクラップ・ドラゴン
セイクリッド・トレミスM7
フォーミュラ・シンクロン
ブラック・ローズ・ドラゴン
弦魔人ムズムズリズム
交響魔人マエストローク
始祖の守護者ティラス
氷結界の龍 ブリューナク
魔導皇聖 トリス
魔導法皇 ハイロン

今まで使っていた魔導デッキ(これとかこんなの)との差異やら新カードの利用方法やらをまとめましょうか。
新カードの効果は前回を参照してくださいな。

1:このデッキの回し方について
当然このデッキは最終的にはジュノンで除去しつつビートという勝ち筋であることにはかわりありません。
そしてそこにたどり着くための道筋が魔導書3枚をかき集めての手札からジュノンの自力SSかテンペルによるデッキからのリクルート、特に後者がメインなのも変わっていません。しかし新カード魔導術師 ラパンデ魔導教師 システィによってそこまで持っていくのがある程度楽になりました。
ラパンデによってテンペルをサーチすることが出来るようになったこと、システィによって前者の手段に必要な魔導書3枚+ジュノンという手札の組み合わせのうち、2枚分を持ってこれるようになったということです。特に前者の存在は大きいです。サーチ条件がフィールドを経由することなくとりあえず墓地送りになればいいのですから。
よってジュノンを呼ぶための道筋としては以下の2つです。
1:ラパンデやバテルでテンペルと効果起動用の魔導書(基本はグリモ)をサーチ→テンペル効果でジュノンリクルート
2:システィやバテルで手札に魔導書3枚+ジュノンを集める→ジュノン効果で自力SS

呼ぶ際に防御用のトーラ、戦闘補助用のヒュグロ、一度除去されたときの蘇生用のネクロなどをついでに集められるとなおよいです。

・・・まあぶっちゃけパーツ集めの補助にラパンデとシスティが加わっただけですねここまではwww

2:魔導書院 ラメイソンとアルマの魔導書について
新フィールド魔法の魔導書院 ラメイソン。このカードは簡単に言うと墓地コストによるドロー加速カードです。効果使用の前提条件は超ゆるいのでまったく問題ないです。・・・いやまじで墓地でもOKでよかったよ。フィールドに魔法使い維持だけだったら今の魔導では使えたもんじゃなかったわ。
そして破壊された際のアフターサービス(?)もついているので簡単に破壊されないであろうこともポイント高いです。
問題はコスト。これが主力であるジュノンのコストと競合するのが問題なんです。
しかしこれはアルマの魔導書をデッキに1枚入れておくだけで解決します。
具体的にはフィールドにジュノン+ラメイソン、そして特定の場所にグリモとアルマがあれば毎ターンコストが確保できます。以下がその手順です。

1:グリモでアルマを手札に加える。(グリモは手札から墓地へ、アルマはデッキから手札へ)
2:ジュノンの効果コストで墓地のグリモを除外。(グリモは墓地から除外ゾーンへ、アルマは手札に)
3:アルマで除外されているグリモをサルベージ。(グリモは除外ゾーンから手札へ、アルマは手札から墓地へ)
4:ラメイソンの効果コストでアルマをデッキボトムへ戻す。(グリモは手札に、アルマは墓地からデッキに)

こうすればジュノンとラメイソンのコストでグリモとアルマが一定の場所をぐるぐる回り続けるだけになりジュノンとラメイソンの効果が毎ターン使えるようになります。グリモとアルマのある場所によってループの始点を変えればよいので結構このパターンに持っていくのは楽なはずです。
ラメイソンもアルマもバテルグリモという元から必須のカードからサーチ出来るうえにラメイソンを任意の枚数とアルマを1枚挿すだけでこのループが使用可能になるのでデッキに無理は生じにくいですしこのパターンで毎ターン2枚のアドを稼げるのでかなり有用だとおもいます。
よってこのデッキの目指す最終形はフィールドにジュノン+ラメイソンを維持しつつグリモ+アルマで墓地コストを確保、毎ターン追加1ドロー+ジュノンの破壊効果でアドを稼いでいくという形になりました。

3:ワンダー・ワンドとトラゴエディア
前から魔導ではバテルの存在から有用といわれていたワンダー・ワンドですが同じく使用することでアドを稼げるラパンデの登場でさらに有用性が増しました。最悪ジュノンの打点パンプにも使えるので3枚投入したほうがいいんじゃないかと思います。
また、サーチカードやワンダー・ワンド、ラメイソンなどにより手札枚数が維持しやすくなり、かつフィールドにモンスターがいない場面も前以上に増えたのでトラゴエディアを投入しました。本当はゴーズも投入したいんですがラメイソンとの相性が悪いので断念。

4:枚数バランスについて
バテルは前みたいにグリモだけではなくラメイソンも持ってこなくてはいけなくなったこともあるので3枚で。いや前に乗せたレシピでも3枚ですけど減らすことも考えていたんですよ・・・。
ラパンデはとりあえず2枚で様子見。システィもアドが取れるとはいえ意外とタイミングが難しい(手札に都合よく使える魔導書がなかったり他の下級魔導が優先されたりで)のでまだ1枚で。正直ジュノン手札にきてもっていうのはまだありますしね。
下級アタッカーがいないのでヒュグロはサーチの際の選択肢として1枚に。ネクロも枠がなさ過ぎるので1枚で。
サンブレは手札に不要カードがきそうなので投入を。ラパンデと一緒に来たら喜んでコストでぶん投げてあげましょう。ラパンデをテンペルやシスティに変換しつつアド損なしで相手のカードを1枚破壊できます。おいしいです。
本当は強欲で謙虚な壺やら他の罠やらも積みたいけど枠が足りなくて非常に辛いです・・・(泣)

エクストラデッキはほぼ飾りですww正直エクストラからは何も出てきませんwwレベル1のチューナーと非チューナーが両方入ってるからってフォーミュロンとか入れてる遊びっぷりwww


今回はこんなところで。正直ループパターンを思いついたから書いときたくなったってだけで実戦をろくにしていないのでまだまだいじるところは多いはず。どこか思い切り勘違いしてる可能性もあるのでその場合はやさしめに指摘をお願いします(オイ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。執行官と申す者です。
自分も魔導を使っている身なのですが、やはり一人で考えるとパターンが偏りがちになってしまうので、こういう記事の存在が本当にありがたいです。

新規魔導はやっぱりその辺りが妥当なんでしょうか。
コストが非常に重いけど、ゲーテの魔導書なんかも魅力的です。
まだプロキシですら回していないので何とも言えないのですが。。。

個人的にはシンクロ魔法使いのギミックも取り入れてみたいんですが、枠の関係やら、事故要素やらで難しいのでしょうか。
プロフィール

cross5168

Author:cross5168
北国に住む普通?のゲーマー兼デュエリスト(っぽいなにか)
遊戯王では魔法使いとDTカテゴリが特に好き
コンシューマゲームはRPGがメイン
アーケードでは音ゲーがメインです


twitterアカ http://twitter.com/#!/cross5168
ギタフリXGスキル表(XG3に移行しました) http://xv-s.heteml.jp/skill/xg3.php?uid=g1431

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
今見てる人
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。