スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ考察:魔導について⑥ ガガガ師弟搭載型デッキレシピ

魔導デッキにガガガ師弟を搭載してみました。

モンスター(17枚)
魔導法士 ジュノン×3枚
魔導戦士 フォルス×2枚
魔導召喚士 テンペル×3枚
魔導書士 バテル×3枚
ガガガマジシャン×2枚
ガガガガール
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(16枚)
大嵐
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
ヒュグロの魔導書×2枚
ネクロの魔導書×2枚
トーラの魔導書×3枚
グリモの魔導書×3枚

罠(7枚)
神の宣告
神の警告×2枚
激流葬×2枚
強制脱出装置×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
No.11 ビッグ・アイ
No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック
No.61 ヴォルカザウルス
アーカナイト・マジシャン
ジェムナイト・パール
スクラップ・ドラゴン
セイクリッド・トレミスM7
ブラック・ローズ・ドラゴン
弦魔人ムズムズリズム
交響魔人マエストローク
始祖の守護者ティラス
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス
氷結界の龍 ブリューナク
魔導法皇 ハイロン

魔導デッキにガガガ師弟を入れる利点はここにまとめてありますので。
更に強欲で謙虚な壺が3枚揃ったのでフル投入。毎ターンのようにSSしなきゃならないデッキでもないですし。
ということで以前のデッキレシピからどのように変わったかを少し。

・ブレイカー3をガガガマジシャン2+ガガガガール1に変更
→下級モンスターでの戦闘力と伏せ除去能力の低下の代わりにエクシーズという勝ち筋ができた
・クリッターを3枚目のジュノンに
→やや前半の手札事故率が上がった代わり後半にテンペルが腐る確率が下がる
・ディメンションマジックと罠2枚分の枠に強欲で謙虚な壺3枚を投入
→上2つの変更点でやや上がったと思われる事故率を抑えるように
・罠の種類の変更
→サンブレや奈落のような発動条件に困る可能性のあるカードの代わりにフリーチェーンの強脱にして腐る可能性を減らす

こんな感じですかね。
正直罠7枚+月ヴェーラーの11枚体制でまだやや防御が薄いかなと思うんですがこれ以上他のカードを削るとモンスター少なすぎてアウトとか魔導書が少なすぎて困るとかいう状態になりかねないのでさすがにどうしようもなかったです^^;前みたいに罠9~11枚ぐらいは積みたいなあと思うんですが。

続いてエクストラデッキについて。
こちらも枠がカツカツに。エクシーズが狙えるように、しかもレベル変化により多彩なランクになれるので多くの枠がエクシーズにとられるようになったのできついです。縛りなしエクシーズとシンクロはほぼ候補になりますし。

まず確定枠から。

 アーカナイト・マジシャン
 A・O・J カタストル
 氷結界の龍 ブリューナク
 スクラップ・ドラゴン

シンクロでこの4枚は不動です。それぞれのレベルで強力な返し札として使えるカードなので。
次にエクシーズでの確定枠

 弦魔人ムズムズリズム
 ジェムナイト・パールor交響魔人マエストローク
No.61 ヴォルカザウルス
 セイクリッド・トレミスM7
 No.11 ビッグ・アイ

ランク3・4組は特にヴェルズ・オピオンに対してさほどレベルをいじることなくワンチャンもつために必須です。最低でも4組のどちらかは必須でしょう。他の3枚もそれぞれのランクで一番強力な返し札となるカードですので欲しいところです。相手モンスター次第では1ターンに2体まとめて処理可能な連中ですので。
ここからは選択枠から今回投入したカードについて。

 ブラック・ローズ・ドラゴン

相変わらずの万能リセットボタン。こいつでリセットしてもその後困るかなというのもありますがとりあえず投入。

 始祖の守護者ティラス

やはり汎用ランク5の中でも強力なカードです。このカードでダメならヴォルカザウルスで焼くかエクサスタッグで吸収するかですがエクサスタッグでは相手のターンで弱すぎます。よってこちらを優先して採用。

 No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック

ガガガ師弟でこいつを作れば1キルのチャンスがあるので。タイミングよく揃う可能性は低いですが少なくともこのカード自体は事故要素にはなりえないのでいいでしょう。

 超弩級砲塔列車グスタフ・マックス

これも以前の記事で書いた出し方での1チャンス用。1発5000火力はやはり魅力的です。

 魔導法皇 ハイロン

せっかくの魔導デッキなのだからというのが半分()。あとは効果使用後のアーカナイトを置物にしないためにというので。コントロール奪取する魅力のないモンスターとある程度の伏せならアーカナイトでモン除去→こちらでバック除去。伏せが少なかったり相手モンスターがコントロール奪取する魅力のあるモンならアーカナイトで伏せ除去→ビッグアイでコントロール奪取というように使い分けられます。
こいつ出して伏せの心配はって?ネクロ+ガガガで出すならともかくアーカナイト経由なら先にアーカナイトに使われてますしアーカナイトに効かない奈落あたりならビッグアイだろうと踏みますしトーラもあるので大抵は気になりません。
ついでにもう1つ。こいつの効果にスタロは使えません。効果処理時に割る伏せの枚数を決定するタイプなので発動時に複数破壊かどうか分からないのでスタロが打てないというパターンです。エアーマンと同じと覚えておくといいでしょう。

採用圏内ではあったけど不採用になったエクストラのカードたち

 TG ハイパー・ライブラリアン

最近下火になっているシンクロを抑制してもというのとミラクルシンクロフュージョンがないので魔法使いである意味も薄いこと、強力な返し札にはなりえないということで不採用。

 クリムゾン・ブレーダー
 スターダスト・ドラゴン

この2枚はどちらかというと有利な状態を維持するためのカードであって返し札としては弱めです。よって優先順位としてはやや落ちます。

 ガチガチガンテツ
 ダイガスタ・フェニクス

バテルを置物にしないために投入はありですがバテルは初動の準備のために出すのが一番多いのでそこから更にエクシーズまで持っていけるパターンは少なめです。よって優先順位は下がります。ちなみに当然ガガガ師弟で出すべきものではありえません

 No.17 リバイス・ドラゴン
 No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
 虚空海竜リヴァイエール
 発条機雷ゼンマイン

ランク3も積極的に狙うべきランクではないですし逆転のための1手としてはアシゴ以外は弱く、アシゴも後で処理に困ります。よって今回は不採用。

 No.39 希望皇ホープ
 No.50 ブラック・コーン号

壁ならばマエストロでもある程度出来ますし、相手の壁除去ならばジュノンで出来るのでエクシーズでそれをしにいく必要性は薄いです。よって不採用。

 インヴェルズ・ローチ

決してランク4を積極的にというデッキでもないですしこいつに割ける枠があるかどうかは微妙なところです。1チャンス枠組との選択ですかね入れるとしたら。

 発条装攻ゼンマイオー

わざわざランク5のエクシーズに伏せ除去をしてもらえるほどランク5を乱発することも出来ません。トーラもあるので伏せ除去はそこまで必要ではありませんし。よって不採用。

 フォトン・ストリーク・バウンサー

スターダストと同じように有利な状況を維持する役割ですので。トレミスより優先順位が高くはなりません。

 マジックテンペスター

こいつを出したくなるほど魔力カウンターを使うデッキにはしてませんので。

 マジマジ☆マジシャンギャル

弱くはないですし相手の墓地から蘇生してくる効果ならビッグアイとの使い分けも一応出来ますが・・・
これも1チャンス組との選択ですかね。

今回の解説は以上で。エクストラ組の説明が大半じゃねえか・・・ガガガ師弟で選択肢が広がったとはいえ分量増えすぎだろ・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cross5168

Author:cross5168
北国に住む普通?のゲーマー兼デュエリスト(っぽいなにか)
遊戯王では魔法使いとDTカテゴリが特に好き
コンシューマゲームはRPGがメイン
アーケードでは音ゲーがメインです


twitterアカ http://twitter.com/#!/cross5168
ギタフリXGスキル表(XG3に移行しました) http://xv-s.heteml.jp/skill/xg3.php?uid=g1431

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
今見てる人
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。