スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラマジデッキについて①

うん、ヴェルズ使いすぎててちょっと休みたくなったのでほかのデッキに手を出そうと思ってたら黒魔術のカーテンだの米版賢者の宝石だのを拾ってきてたのを思い出して作ってみようかと。

ただね、まあデッキ構築にとても悩んでる有様です。

決して高くない展開力、手札事故、ファン要素と勝ちにいくための構築のバランス・・・

難しいね。

とりあえず確定部分と悩んでる部分を列挙していきましょうか。

まず確定部分。
1.基本軸は魔法使い族統一。
せめて入れるにしても開闢とかダムドとかその辺あたりで残りは魔法使い統一で行こうと。
2.熟練の黒魔術師は3枚投入。
ブラマジとシナジーがある1900打点の下級モンスターっていうだけで十分です。
3.墓地に落としてから蘇生ではなくデッキ・手札からSSが軸
魔法使いに墓地にピンポで落とせるカードなんてとくにないし。おろ埋制限だから引けるとは限らないし。通常モン蘇生カード持ってないし(
4.よってブラマジも3枚投入
じゃないと手札やデッキにブラマジが尽きてサポートが完全に腐るとかいう確率が高くなりそうだから。ブラマジ自身の事故率には目をつぶるしかないでしょ。

悩んでる部分
1.ブラマジガール+賢者の宝石+マジシャンズサークルの投入
事故率は上がるけどファン要素と手札に来たブラマジも出せる可能性があるっていうのはいいよね。マジシャンズサークルは単体で採用してもいいんだけど
2.ディメンションマジックの採用枚数とブラマジ以外の最上級の採用
ディメンションマジックで下級をSSしてもアド損をリカバーし切れてない気がするけど最上級をこれ以上入れても事故率あがるしそこまで採用したい最上級もいないっていう。ブリザードプリンセスはディメンションマジックで出してもブリプリ自身の効果を生かせないし
3.黒魔術のカーテンとその他のライフコストの必要なカードの問題
神宣は別格として警告と黒魔術のカーテンがかみあわねーっていう。黒魔術のカーテンを後半に使えればまだいいんだろうけどいつ引くかなんてわからないし。
4.一族の結束やウイルス系カード、闇の閃光の採用
ブラマジがウイルス2種の媒体になれる→ほかも闇で固めて一族の結束入れたらほかの連中も媒体になれて一石二鳥じゃない?→スペースきっついなあ・・・ほかの種族どころかエクシーズもほぼ完全封印かあ・・・
こういう流れでこの組み合わせの採用も悩むところというね。とくにエクシーズにダイガスタ・エメラルといういい蘇生カードがいるもので。
逆に闇の閃光は単体でも下級モンで使えるけど本当にサクリファイスエスケープのために使えるかっていう。
5.手札事故回避のためにワンダーワンドや見習い魔術師+水晶の占い師の投入
こいつらを完全にドローソースやデッキ圧縮のために使おうかと。おまけで熟練黒やブレイカーディフェンダーあたりにカウンターを乗せれたらいいかなと。ただ戦闘能力のない壁にしかならないモンスターにスロットを割く余裕があるかと。ワンダーワンドはカウンター使ったあとのブレイカーをドロソに変えてもいいし打点補強も多少は出来るしウイルス媒体ラインまで引き上げられるしで悪くはないけどその程度で採用するのかと。
6.黒・魔・導や王者の看破、無力の証明の採用
ブラマジは2500打点のバニラである以上この辺のサポートを使わないと正直ファン要素以外に使う理由がなくなるわけで。王者の看破は強いので採用したいけど持ってないから今度探してこないと・・・
黒・魔・導は正直ブラマジ出した後ってそこまでバック割りたいって感じじゃないよね本来。っていうこともあってどうなのよと。スタロも若干怖いし。
無力の証明もシンクロやエクシーズする前なら止めれることが多いけどいきなり出てくるSSモンは止めれないし・・・。
ちなみに千本ナイフはおそらく使いません。手札事故のリスクとリターンが釣りあわないので。
7.サポートカードに追いやられて汎用カードが入れられない
サポートカードの枠が多くなりすぎて汎用カードが入れられない→バックが薄くなって相手の動きを止められないという状態になりかねない件。展開力の高くないデッキがそれではダメでしょうと。

一応何パターンかデッキを作ってみたけど明らかに事故ったりある程度回ってるように見える状態になったところで結局相手の動きを止められず負けたりと。

さてどうしましょうね・・・しばらく試行錯誤が続きそうです。
とりあえず毎日ある非公認大会用のデッキも考えねば。ヴェルズは少し休ませてカラクリなりセイクリッドなりを復帰させるか思い切って魔法使いメタビあたりでも復活させるか・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブラマジデッキですか、ロマンの塊ですよねw
自分、ブログをやっているんですが、よければ相互リンクをお願いしてもいいですか?

No title

昔、私もブラック・マジシャンを組んでいました。
私が組んだ時は、ブラック・マジシャン自体が単体ではそこで強くないことを誤魔化すため、相手のアドバンス召喚やシンクロ、エクシーズを強制脱出装置などで妨害しながら戦うに構成になりました。
ブラック・マジシャンには、暗黒界の暗黒界の門やドラグニティの竜の渓谷のような継続的にアドバンテージを築くことのできるカードがないため、アド差を縮めるには、黒魔術のカーテンやディメンション・マジックを使い、ブラック・マジシャンを早い段階SSして、下級モンスターを戦闘破壊することでアドを稼ぐ必要があります。また、ブラック・マジシャンを早期にSSすることは、黒・魔・導や千本ナイフなどのサポートカードが手札で腐ることを防ぐことにつながります。(千本ナイフは入っても1枚で、安全の確認のためにセットされたモンスターを破壊する程度の活躍しかしませんでした。BM 3、BMG 2、ディメンション・マジック 3、黒魔術のカーテン 2くらいがいいと思います。)
黒魔術のカーテンやディメンション・マジックを通し、ブラック・マジシャンを早い段階SSすることを重視するため、神の警告や神の宣告への対策が必要となります。黒・魔・導を使用するため、サイクロンなどで割りに行くよりも、黒・魔・導へチェーンされた強制脱出装置やスターライト・ロードへの対策を兼ね、盗賊の七つ道具を使用することをお勧めします。
私が組んだときは、黒魔術のカーテンとディメンション・マジックに打たれる警告/宣告を止められない王者の看破はいらない感じでした。魔導戦士 ブレイカーもおり、警告/宣告の対象がそちらへ逸れたためか、盗賊の七つ道具も 2枚ほどで十分でした。
簡易融合を使いインヴェルズ・ローチの召喚を狙うためライフを無駄にできないというのでしたら、魔宮の賄賂でもいいかもしれません。(一応、月の書のような魔法カードからローチを守ることともできますし。)
無力の証明は強力なカードですが、シンクロやエクシーズを止めに行く守りのカードに、BMが場にいるかどうかという不確定要素が絡むのは避けたかったので、私は強制脱出装置にしておきました。
最終的には、ディメンション・マジックの存在もあり、QEの除去の多い闇属性の魔法使い族メインのメタビートといった感じになりました。
崩してしまった理由としては、強制脱出装置などで相手の妨害をするのはいいものの、リソースを失い過ぎて、攻めきれなくなることが多かったためです。そのため、決定力を補うカードを何か積んでおくといいかもしれません。
2月の頭の記事に今更コメントするのもどうかと思いましたが、今でもブラック・マジシャンデッキ組むつもりでいるなら、少しでも参考になれば幸いです。

No title

どうも、初めまして。
私も魔法使い族をメインにしています。
アライブ剣闘獣の要素をパクったタイプ(アライブプリエアー出張組)が現在のブラマジデッキで一番強いですよ。
アライブでエアーSSでエメラルブラマジが並びやすいので看破とかが腐りにくいです。
逆に熟練は3つ貯まるのは稀ですし、あっても1枚でいいかなと。

極力魔法使い族で固めるなら、終末簡易を採用してエメラルを作りやすくしないと環境的にきついです。ディメマは魔法使い族を使用するなら、採用したいですが、ブラマジを出しても所詮25アタッカー以外の役割しかなく、そこまで手札を消費をするなら、エメラルを作りやすくして、ブラマジを過労させたいです。
また、エメラルを採用する=アタッカーとしてクルセイダーやチューンドも採用できる=デュアル・スパークの採用を検討可能です。
プロフィール

cross5168

Author:cross5168
北国に住む普通?のゲーマー兼デュエリスト(っぽいなにか)
遊戯王では魔法使いとDTカテゴリが特に好き
コンシューマゲームはRPGがメイン
アーケードでは音ゲーがメインです


twitterアカ http://twitter.com/#!/cross5168
ギタフリXGスキル表(XG3に移行しました) http://xv-s.heteml.jp/skill/xg3.php?uid=g1431

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
今見てる人
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。